難病の方が生命保険の加入をしようと思ったら誰に相談すればいいの?保険の外交員?代理店?

記事を書いている人

ヨシオカ

Web制作・Webマーケティングを仕事にしているお腹の弱い30代・アンカーリンク代表。Webやビジネスのことを中心に、日々の生活のことや持病のことなども情報発信しています。クローン病歴10年以上。

保険ショップで相談してみよう

いよいよ保険加入に向けて動いてみよう!と思った時に、みなさんはどうやって誰から保険を申し込むでしょうか。

難病のみなさんが保険に加入したいと思った時、誰に保険相談すれば良いのでしょうか?

ただでさえ難しい保険用語をたくさん理解しないといけない上に、難病でも入れる保険商品自体は種類が多く、どれが自分にあった保険かを判断するのは初心者では簡単なことではありません。

自分に合わない保険に加入してしまって、損をしてしまわないためには、どの保険に入るかの前に、誰に相談するかが非常に大きな分かれ道となるのです。

保険外交員・営業の方は注意が必要

昔から保険に加入するというとこの人から入ることが非常に多かったそうですが、それは保険会社の外交員と言われる方々です。

○○生命など特定の保険会社の営業の方で、自宅や会社を回って保険加入をおすすめするという営業スタイルですが、こうした保険会社の営業の方に話をきくことは個人的にはあまりオススメできません。

保険会社の女性の営業の方(保険のおばちゃん的な人)は親身になって相談してくれそうなイメージですよね。

でもこうした方には次のようなデメリットがあります。

  • 自社商品しか取り扱うことができないため選択肢が少ない。
  • 営業ノルマがあるため、消費者の立場に立った営業というよりも、保険会社の売りたい商品を優先するような営業が行われてきた。

このようなことがよく聞かれます。

保険内容のメリット・デメリットの説明が不十分なまま保険に加入してしまって、後になって「えっ!こんな保険内容だったの?」というケースも少なくないそうです。
※仮にそうなっても、保険の規約などには書いてあることなので、しっかり理解していなかったこちらの責任になってしまいます。

保険外交員の方に相談される際は、こちらもしっかり保険の知識を備えてから相談することをおすすめします。

そうすれば、その保険会社に保険商品に関しては、より専門的に情報をいただけるかと思います。

こうした現状があるため、保険加入が初めての方やあまり知識が無い方にとっては満足のいく保険選びができるかどうか疑問といえます。

その相手が本当に信頼できる人であれば別ですが、そうでなければ、うまい営業トークに乗せられて保険内容を十分理解せぬ内に、その会社の商品しか検討できずに加入してしまうことも、あり得るのです。

そこでおすすめしたいのが、
①事前に内容を確認しておく。(予備知識を得る)
②複数社の保険商品から自分に合ったものを提案してくれる販売代理店に相談する。
という2点です。

おすすめ1:資料請求して事前に内容を把握する

最近ではたいていインターネットで保険会社や比較サイトから資料を無料で請求することができます。
以下のようなメリットがあります。

  • 外に出ず自宅で予備知識を得たり、内容を確認できる。
  • 事前に家族と相談できるなど、落ち着いて考えられる。

事前に関心を持った保険商品の資料を請求することで、ひと通り自宅などで目を通しておくことができます。

難病の方にとってはわざわざ外に出て行かなくて良かったり、営業マンが自宅や職場に来て説明を受けるなどの前に、落ち着いてどういう内容か確認できるのは大切なポイントです。

気になる点をチェックしておいて、加入する際に忘れずに質問することも大切です。

できれば自分ひとりだけではなく、家族や保険について知識のある友人などと一緒に資料を確認できると良いかと思います。

資料請求をしたのち、その保険会社に直接問い合わせたり審査を受けることで保険に加入することもできます。

ただしこれだけでは複数の難しい保険内容を理解するには不十分かと思います。

あくまで資料請求は予備知識を得るため程度に利用し、次におすすめするような代理店で相談するのが良いかと思います。

おすすめ2:複数の保険会社の商品を扱っている販売代理店・保険ショップで相談する

保険相談
最近CMでも目にすることも多く、増えているのが保険の販売代理店です。

すでに保険に入っている方がプランの見直しのために行くというイメージもありますが、新規で加入を検討される方にもおすすめです。

代理店で保険を検討するメリットは以下のような点があります。

  • 複数の保険会社の商品から(多くの選択肢から)検討できる。
  • ファイナンシャルプランナーなどの専門資格・専門知識を持った方がいる代理店だと、家計や将来設計をふまえて、より自分に合った保険を提案してもらえる。
  • 無料相談できる。※一部例外もあります。

難病の方が保険を選ぶとなった際、健康状態によっては商品が限られる場合もあります。

その際、特定の保険会社の外交員の方に相談すると、選べる保険商品は1つしかなく、あとは保険料をいくらにするか、だけを決める、ということもありえます。

一方でこうした保険ショップだと、複数の保険会社の商品からご提案していただけるため、選択肢も増え、自分により合った保険を見つけることができる可能性が圧倒的に増えます。